コーヒー豆の通販なら自家焙煎珈琲やすらぎヘ。

自家焙煎珈琲やすらぎの通販では、厳選したコーヒー豆を新鮮なままお届け致します。

 

受注後焙煎



「生豆選別」「焙煎」「ダブルハンドピック」とお客様との約束はいろいろとありますが、

最も大切にしなければいけないことは、「受注後焙煎」だと考えております。


コーヒー豆は生鮮食品と同じです。

生豆の鮮度ももちろん大切ですが、焙煎してから日の浅いものが、美味しいコーヒーの絶対条件であると

考えています。


焙煎したてのコーヒー豆は炭酸ガスを大量に出しており、この炭酸ガスは通常1か月程で出尽くします。

しかし、出尽くしてしまえば、風味が落ちてしまうのです。

だからこそ、自家焙煎珈琲やすらぎは「受注後焙煎」にこだわっています。


保存方法も豆の選び方と保存方法で述べていますが、それらの方法は、美味しく飲める期間を

多少延ばしているだけで、味の精度は間違いなく下がってきます。

美味しいコーヒーを飲むには、1ヶ月程度で飲みきれる量を購入し、その都度焙煎したての豆を購入することを

お勧めします。


自家焙煎珈琲やすらぎはお客様一人一人のために受注後焙煎をし、新鮮なコーヒー豆を

お手もとに届けることを約束します。







自家焙煎珈琲やすらぎはブレンドにもこだわっています。

最近、「シングルオリジン」という言葉を耳にすることがありますが、

これは「生産国・生産地域・生産処理法すべてが明確なコーヒー豆のみ使用し、そのまま味わう。」という考えです。

これは、自家焙煎珈琲やすらぎのストレート豆に対する考え方と同じですが、

それだけでは不十分であると考えております。

コーヒーを提供していく以上、ブレンドコーヒーを提供しなくてはと考えているのです。


自家焙煎珈琲やすらぎではブレンドにもストレート同様のスペシャルティを中心とした

生豆を使い、単独焙煎の後、ブレンドします。

ブレンドこそ店の顔であるという位置づけをしています。


また、袋には、コーヒー豆から出る炭酸ガスを外に出してくれる「アロマブレスパック」を

採用しています。








スペシャルティーコーヒー



 コーヒーを飲んだ人が「美味しいと」評価する商品

 際立つ印象的な風味特性と爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒ ー感が甘さの感覚で
 消えていくような風味であること。


 全ての段階において一貫した体制・工程で品質管理が行われている商品

 生産国での適正な品質管理、適切な輸送と保管、新鮮な生豆で適正な焙煎が行われて
 抽出されたコーヒーであること。


 サスティナビリティ(持続可能な農業)とトレサビリティ(流通の追跡)が可能なこと。

 生産国から消費国にいたるコーヒー産業全体の永続的発展に寄与するものであること、生産段階から
 消費までの流通経路をトレース(追跡)できるコーヒーであること。



 

自家焙煎珈琲やすらぎは日本スペシャルティコーヒー協会の
会員であり、これに沿って品質管理しています。



 コーヒーピラミッドの先端に分類される豆は良質で希少価値が高い商品と定義づけられております。


 自家焙煎珈琲やすらぎは品質の良い、香味のしっかりとした豆を提供しております。


 ・スペシャルティコーヒー以上のものを中心にプレミアムコーヒーまでの豆
 ・生冷涼な空気、豊かな火山性土壌によって豊かな風味が育まれます。
 当店では標高が900m以上の高地でしか収穫できないと言われているアラビカ種のみを使用。
 ・生産国・生産地域・生産処理法すべてが明確で、生産段階から消費段階まで流通経路が
 追跡可能な豆


 それ以上の区分けはカッピングによる点数で区分けされます。
 ※COEカッピング評価基準および、SCAJカッピング評価基準をもとに区分け


 生豆の選択には何度もサンプルを焙煎し、味をカッピングしたり、実際の店頭での抽出方法を
 何度も繰り返して、最終的にどの豆をどう使うのかを決定します。






味の決め手「焙煎」とは?







焙煎の前に生豆の段階のハンドピックします。

いくらスペシャルティといえども欠点豆がゼロとはいえません。ここで
1回目のハンドピックです。

自家焙煎珈琲やすらぎでは「焙煎とは生豆の特性をつかみ完煎させること」だと考えております。

焙煎は浅煎りだと酸味が出ます。これは、豆が本来もっている酸味ではありません。

深煎りだと苦味が出ます。

深煎りに合う豆は深煎りにします。

通常のコーヒー豆だと酸味から苦味に移行する間に甘みに変わる瞬間があります。

自家焙煎珈琲やすらぎではこの瞬間を見つけ出します。焙煎度でいえばシティローストから

フルシティローストの間にあたり、これは豆によって少しずつ違います。このポイントを見つけ出し

ここで焙煎終了とすることを完煎といいます。

完煎後、もう一度ハンドピックします。欠点豆はもちろんのこと、焙煎によって生じた欠点豆も取り除き、

抽出するのに不都合がないように焙煎豆を整えます。

自家焙煎珈琲やすらぎではダブルハンドピックを実施しています。

メディア紹介




  2014年7月掲載


  
「ネットショップ大賞2014上期 ドリンク部門1位」を
  受賞いたしました。




おかげさまで、このような賞を承ることができました。大変ありがたく思っております。
お客様からの1つ1つのご注文がこのような賞につながったのだと感謝しております。
これからも一つ一つの仕事を丁寧にこなし、皆様に喜んでいただけるコーヒー豆を
提供できるようにいたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
自家焙煎珈琲やすらぎ
代表 北浦照康

ネットショップ大賞(R)2014上期 表彰サイトはこちら
http://estore.co.jp/award/2014kamiki/

当店受賞ページはこちら
http://estore.co.jp/award/2014kamiki/shop/cat11.html

Webニュース「SankeiBiz」紹介ページはこちら
http://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/140722/prl1407221508074-s.htm



  2013年3月掲載

  
  
当店が「ニュースせんなん」に掲載されました!






  フェアー開催当日には100人以上ものお客様にご来店いただき誠にありがとうございました。
  朝10時の開店から閉店までほぼ満席状態で、ご来店いただきましたお客様となかなかゆっくりと
  お話し出来ませんでしたが、ハンドドリップで淹れた自家焙煎コーヒーに称賛の言葉をいただき、
  用意しておいたコーヒー豆も完売する盛況ぶりでした。